警察大学校の研修資料から見る「捜査の抜け穴」no.33

激裏情報 | シリーズ | 警察 | 交通
2017/1/12 11:00
知らなかった!7件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
パーキングチケットの機械

以下の文書は、警察大学校で行なわれる研修のために作られた資料です。警視庁および各都道府県警察の交通取締課の職員や、駐車監視員の指導者教育に用いられるもので、交通取り締まりで生じる市民とのトラブルに関する内容となっています。

近年、駐車監視員のモラル低下による雑な応対が問題視され、それに関連した事例が増加しているそうです。

監修:
・警察庁交通局交通規制課
・警察大学校交通教養部
・放置車両確認事務受託法人 シンテイ警備株式会社

現場で多い取り締まり逃れの手口や対応の失敗例が書かれており、2016年現在の「道路交通法」に基づく、警察官および駐車監視員による取り締まり傾向が読み取れます。

資料の一部をご紹介します。また、筆者の解説も加えてあります。

-----------------------------
【パーキングチケットの秘技:A103.Q&A104~106.】

■A103.
超過とは、規定時間(60分)以上、同じ枠内に駐車し続けている状態のとこをいう。未納ではもちろん、チケット購入(追加購入を含む)をしても、この時混を超えて停め続けてはならない。
合わせて読みたい
知らなかった!7件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ