警察官のための職務質問マニュアル no.6

激裏情報 | シリーズ | 警察 | 内部情報
2017/7/14 11:00
知らなかった!9件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
パトカーと警察官のピクトグラム

以下の文書は、警察大学校で行なわれる研修のために作られた資料です。各都道府県警で警察官に対して行なわれる、職務質問教育マニュアルとしても用いられています。任意といえど、半ば強制的に行なわれるというイメージの職務質問。トラブルから違法性を問われる事態に陥らないよう、瀬戸際の手法が細かく解説されています。

監修:
・法務省 公安調査庁総務部
・警察庁 警備局公安課
・警察大学校 生活安全教養部

新年度版のため、流動的な社会情勢・現行法にも対応した内容となっています。

なお、法律文に関しては条文をそのまま転載せず、その意味が変わらない範囲で分かりやすく書き換えてあります。また、筆者の解説も加えてあります。

-----------------------------
■3-1.所持品検査の困難性

職務質問に伴う所持品検査や車内検査は、そのやり方いかんによっては、任意性や証拠能力が否定されたり、苦情事案や人権侵害事案に発展しかねないなどの困難性を有している。
合わせて読みたい
知らなかった!9件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ