ガソリン車に軽油を誤給油してエンジンをかけてしまったときの対処法

激裏情報 | 交通 | DIY | 裏技
2017/12/05 09:00
知らなかった!17件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
ガソリンスタンドの給油ノズル

セルフスタンドが多くなり、自身でガソリンを給油することが増えてきました。ほとんどの方はちゃんと確認するため、油種を間違えることはないかと思いますが、初心者の方などレギュラーガソリンと間違えて軽油を入れてしまうということも考えられます。

当然ですが燃料系統が違うため、ガソリン車に軽油を入れてしまうとエンジンはかかりません。

セルを回す(エンジンをかける)前でしたらまだ燃料タンクの中に軽油が入っているだけですので軽油を抜くことで対処できます。ただ、一度でもセルを回してしまうとエンジンに軽油が回ってしまうため、修理工場などで処置してもらわなくてはならなくなります。

しかしこのような状態になっても、自分で修復し、その場でエンジンをかけることができる方法があります。

今回、ガソリン車に軽油を誤給油してエンジンをかけてしまったときの対処法をご紹介します。
合わせて読みたい
知らなかった!17件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ