互換インクを使ってプリンターが壊れたけどメーカーに無償修理してもらえた話

激裏情報 | サービス | 内部情報 | 裏技
2021/5/05 11:00
知らなかった!7件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
黒い家庭用プリンター

家庭用プリンターの純正インクはおそろしく高額ですね。普通印刷でもなくなるのが早いのに、写真印刷などの高品質印刷モードで使っていたら、呆れるぐらいすぐになくなってしまいます。

ついでに、無駄にインクは万遍なく出ているので、メーカー側のインクを早く切らせるワザも使われています(わかりやすく言えば、モノクロ1色でも他色のインクが使用されている)。何とも汚く賢い手口でしょう。

ヘタすれば全色セットを何回か変えるだけで、新モデルが買えてしまうぐらいの激しい出費になります。

そこで、互換インクを使用してしまう方が多いかと思いますが、メーカーは互換インクで使用した場合の故障は保証の対象外としています。

現在のプリンターのインクタンクにはICチップが付いていて、純正でないインクを使っているとその記録が残ります。そのため修理の際に嘘をついてもバレてしまい有償修理となるそうです。

互換インクを作っている会社で購入した互換インクを使って故障した場合の無償修理を謳っているところもありますが、こちらで実際に修理してもらえることは極稀です。大抵は誤魔化されたり、違う原因を提示されたり、うまいこと専門用語で巻かれるだけです。

なぜ、壊れやすいかというと純正インクに比べて互換インクの粒子は粗いため目詰まりします。

そこで案の定というか壊れてしまった場合、多くの方が諦めてしまいますが、私は諦めきれずにメーカーに修理に出してみたところ見事無償で修理をしてもらうことができました。そこで今回、そのときの話をしたいと思います。
合わせて読みたい
知らなかった!7件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ