江戸時代吉原の遊郭で使われていた催淫剤とローションを自作する方法

激裏情報 | エロ |  | サイエンス
2017/2/01 09:00
知らなかった!27件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
遊郭を再現したセット

吉原遊郭では、飲むと遊女がメロメロになると言われた「催春香」という媚薬と、セックスの際に使用するローションとして「通和散」が流行しました。これらは現在も代用品で作成が可能です。

そこで今回は、江戸時代吉原の遊郭で使われていた催淫剤とローションを自作する方法をご紹介します。
知らなかった!27件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ