「転送不要」の郵便物を転送させる方法

激裏情報 | 住宅 | サービス | 裏技
2017/8/22 09:00
知らなかった!16件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
張り紙が貼られた壁埋め込みの自宅ポスト

諸般の事情により、住んでいた住所から住民票を移さず転居し、郵便物のみ転送させているというケースがあるかと思います。

しかし、郵便物に「転送不要」と記載されている場合、転送されずに差出人に戻されてしまいます。本人確認のある郵便物が「転送不要」で届く場合、住民票がある元の住所(以下、旧住所)、転居先住所(以下、新住所)のどちらの住所でも受け取ることができません。

今回、旧住所に届く「転送不要」の郵便物を新住所で受け取る必要があり、知り合いの郵便局の方に相談しました。複雑で面倒な方法がいくつか候補に挙がりましたが、そのなかに唯一シンプルに受け取れる方法がありましたので、皆さまにもご紹介いたします。
合わせて読みたい
知らなかった!16件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ