ブランデーの自家製造方法

激裏情報 |  | 法律 | サイエンス
2017/9/19 11:00
知らなかった!13件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
グラスに注がれたブランデー

日本ではアルコール度数1%以上のお酒を製造すると酒税法で違法となり罰せられます。ただし、知識として知っておけば、製造が違法でない海外に行った際に役に立つかもしれません。


【醸造酒と蒸留酒】

製造方法によりお酒を大きく分類すると醸造酒と蒸留酒の2種類になります(3種類に分けると混成酒が加わる)。

この違いは実に簡単で、醸造のあとに蒸留という工程を加えるだけです。

【工程を経た変化】

・果実(ぶどうなど)→醸造→ワイン→蒸留→ブランデー
・麦→醸造→ビール→蒸留→ウィスキー
・米→醸造→日本酒→蒸留→米焼酎


今回は、100%ぶどうジュースからブランデー製造までの工程をお教えしたいと思います。
合わせて読みたい
知らなかった!13件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ