激エロ動画 手コキクリニックシリーズ 第1回

2017/12/22 13:00
知らなかった!9件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
手コキクリニックのAVパッケージ

こんにちは、ISSAです。

激エロ動画、どんどんお送りしていきます。
リンクは最後にまとめてありますよ~。

 
手コキクリニック

優しい笑顔の白衣のナースたちが一生懸命に性看護してくれる『手コキクリニック』シリーズの今回は、陰部洗浄20連発。看護の基本として陰部洗浄の指導を受ける新米ナースたちが、熱心に手コキチ〇ポを見つめる。「はい、これも患者さんとの大事なコミュニケーションですよ」と先輩ナースの直接指導にメモをとる新米ナースたち。ところがその瞬間にチ〇ポから精子がドピュドピュッと吹き上がり、驚きと思わず感じてしまった羞恥とで顔を赤らめる新人ナースたち。そのあとは実際に配属先へ向かい、担当の患者さんのもとへ向かいいざ実践。教わったようにチ〇ポを取り出してていねいに手コキするとグググッとあっさり勃起するギンギンチ〇ポ。自分の手コキで感じてくれていることに女としての素直な喜びを感じてマ〇コを濡らすちょっとエッチな気分の若いナースたち。女性看護士たちによる陰部洗浄(手コキ)は立派な医療行為です。

 
裏・手コキクリニック~完全版~ 性交クリニック
手コキクリニックのAVパッケージ

理想的医療の最終形「性交クリニック」ついに開業です!!新人~婦長まで計7名の看護師がそれぞれの「性交」処理で患者の皆様のストレスを解消します。「健康診断での性交処理」「性感部への刺激と休息を交互に行うセマンズ療法」「性交処理」「膣内射精性交」の他にも「擬似男性器を使った性交講習」「膣内射精性交の為の自主練習」等。男性器でお悩みの方は是非お越し下さい!

 
手コキクリニック
手コキクリニックのAVパッケージ

日本全国の看護師が集まり日常の看護技術の見直しや再確認が行われる全国勉強会。もちらん緊急勃起時の射精看護も陰部洗浄も地方色豊富。手袋をつけて手淫したり、素手でしたり、肛門まで陰部洗浄を行ったり…関西、東北、九州、関東…それぞれの手コキクリニックの看護技術と処置事例をご覧ください。

 
手コキクリニック+性交クリニック+アナルクリニック+レディースクリニック 大感謝
手コキクリニックのAVパッケージ

一人では射精できない患者さんの為に看護師が射精をサポートする人気シリーズ『手コキクリニック』の今回は何と“大感謝祭スペシャル”!手コキだけではなく「性交クリニック」、「レディースクリニック」までもが、夢の大競演。手コキクリニックでは、看護師が患者のベッドを巡回しながら陰部洗浄。きれいにチ〇ポを拭いている最中、アクシデント的に勃起してしまった場合は、当初の予定を繰り上げて手淫、口淫にて射精へ導く。また各病室の入り口の壁に「射精管理表」を作って掲示し、定期的に患者さんへのチュパチュパ射精をサポートしているので、どの患者がどの看護師さんにいつチュッパチュッパドピュッとしてもらったのか一目でわかるシステムになっている。「もう、ずいぶん長いこと射精してませんが、我慢は身体に毒ですよ」と声かけしながら患者の股間をやさしくタッチ。看護師たちが女体を使った直接的な刺激で患者を癒しの射精へと導く。

 
(裏)手コキクリニック~完全版~ 性交クリニック4
手コキクリニックのAVパッケージ

性交によって患者を看護する『性交クリニック』の最新作は、ナース達の業務の裏側に完全密着。朝のミーティング風景では、ベテランナースが新人ナースたちに本日の射精介助計画を説明。「〇〇さんのチ〇ポと〇〇さんのチ〇ポ2本を午前中に射精介助しましょう」とチ〇ポを連呼するベテランナースと、それを必死にメモするナースたち。いざ病室へ向かい男性患者のチ〇ポを新米ナースが担当。しかし、膣口が狭く性交ができないという性交ミスをしてしまい、その対策として新米ナースへの膣口拡大処置が行われる。ベテランナースによる新米看護士への性交指導、初めてで不安だらけの包茎患者との性交など、今まで観ることができなかった白衣の天使たちの奮闘するザーメンまみれの姿をカメラに収録。“より良い医療を”と、熱い信念を持って働く医療大国ニッポンの女性たちはエロく美しい。

 
(裏)手コキクリニック~完全版~性交クリニック メガチ○ポ看護編
手コキクリニックのAVパッケージ

外国人労働者の移住に伴い、医療の現場でもその対応が迫られています。現代の最先端医療である性交看護の提供をモットーとするこの病院では、世界最大級のメガペニス患者を多く抱え、ナースたちが昼夜問わず巨根患者の治療に励んでいます。ある患者の驚愕の大きさのペニスを前にして息をのむ看護師、意を決してまたがり、ズブズブと巨根を根本部分まで挿入すると膣肉がメリメリ音を立てて気絶寸前。膣内破壊寸前の快感に生き地獄を感じながらもドピュドピュと精子が噴き出すイヤラシイ自分のマ〇コを見て達成感に満たされる。どんなにギンギンに反り勃った巨大なペニスだって、患者さんのためならしっかりとお口に、そして膣内に挿入してドロドロの精液を全部吹き出してもらうことで早期回復へと導きます。世界中の巨根患者を相手に性交看護するナースたちの姿をしっかりとご覧ください。

 
(裏)手コキクリニック~完全版~ 性交クリニックファン感謝祭スペシャル
手コキクリニックのAVパッケージ

『手コキクリニック』シリーズが生んだユーザーリクエスト企画“ファン感謝祭”が『性交クリニック』でついに実現。圧倒的なリアリティとともに、掲示板やメールで集まったユーザーの皆さまが思い描く妄想を、選りすぐりの美人ナースたちが映像化致します。「私たちナース一同、皆さまの妄想実現のため、誠心誠意性交看護いたします!」と高らかに宣言がなされたあと、まずは新人研修として新米ナースが自ら体験入院。ベッドにあおむけになったまま素っ裸になって同僚ナースからマン毛を大股びらきで剃られただけでもう口もとをおさえながらアンアンよだれマ〇コの敏感新人。男性患者での実習では、手淫や口淫の方法では射精が困難な患者さんのために生マ〇コを使ってザーメンを搾り取る本格的な実習が続く。「こんな性交看護が見たかった」「こんなナースが見たかった」ユーザーのためのユーザーによる性交クリニックで今夜はスッキリやみつき再入院。

 
手コキクリニック9
手コキクリニックのAVパッケージ

ファン待望、王道『手コキクリニック』がバージョンアップして登場。今回は第9弾。患者様への献身的看護はもちろん、陰部洗浄、排尿介護、肛門触診、膣内射精生涯の治療まで、白衣の天使たちが皆さまを優しく看護いたします。「勃起は体調が回復した証拠ですから、ほら、照れないでちゃんと見せてごらんなさい」と頼もしいベテランナースの手コキを見ながらメモをとる新人ナースたち。その後各病室へ向かった新米ナースたち、見よう見まねで手コキ尻コキマ〇ココキをして思わずヌルリとハメ合体の快感アクシデント。(裏)手コクリでは、(表)編には収まりきらないナースたちの口淫処置、性交看護もばっちり収録。シリーズ史上最高の美人キャスト勢ぞろいで贈る手コキクリニック最新作。ベテランナースたちの献身的な陰部洗浄から新人ナースたちの懸命な性交看護まで、医療大国日本の最先端医療現場の裏側を余すことなくお見せ致します。

 
(裏)手コキクリニック~完全版~性交クリニック5
手コキクリニックのAVパッケージ

ユーザーさまに大人気の『性交クリニック』シリーズの今回は第5弾。口淫、性交看護による男性器治療をモットーとする当クリニックでは、優しさとゆとり、思いやりをもって患者さまの看護に励んでまいります。射精困難、早漏、勃起不全など患者さまの病状に合わせ、婦長から新人ナースまで全員一丸となって看護させて頂きます。入院患者さまの定期検診では、新人ナース二人が男性患者さん二人のお部屋を訪問してマンツーマンでそれぞれのチ〇ポを健診。ベッドの間の仕切りを上げてお互い丸見え状態での手コキ&射精競争に患者さんの性欲も完全復帰。夜間の排尿介助では、排尿がうまくできない患者さんのチ〇ポにまたがりながら「おしっこ出していいですよ~」とハメハメ治療。「さぁ、恥ずかしがらないで。ズボンを下ろして、男性器を膣内に入れてみて下さいね。」最先端医療に基づいた医学~性交看護を、あなたも是非体感してみてください。

 
手コキクリニックスペシャル 看護学生実地研修ポリクリ編
手コキクリニックのAVパッケージ

ユーザーさまに大人気の『手コキクリニック』シリーズ。今回は3人の看護学生による実地研修を追うスペシャル版。クリニック内では今日も新人のための実習がもりだくさん。「エネマグラによる前立腺治療の実習」では、チングリ返しの恥ずかしい格好をした本物の男性患者の股間から近づき、ベテランナースに見守られながら恐る恐るバイブ型治療器具をアナルへズボッと挿入、すごい刺激を受けてまぶたを閉じるヒマもなくピンコ勃ち&新人の顔への大量ザーメン放出。おいしい匂いの精子で新人ナースたちもコッソリ欲情。人生で初めて経験する手淫・口淫・性交による吐精処置に感動する白衣の天使のタマゴたち。生身の身体との触れ合いによってはじめて理解することができる裸コミュニケーションの大切さ、教科書には載らない医療現場の現状を知り、少しずつ一人前のナース、一人前の女になっていく看護学生たちのひたむきな努力を見守ってください。
合わせて読みたい
知らなかった!9件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お気に入り
« 前の記事へ ホームに戻る 次の記事へ »
メンバーメニュー
サービス
その他
このページのTOPへ